町を想うのは誰?

何年振りかで、議会の傍聴にいってきた。

それはね、議会に陳情して、それが議題に取り上げられたから。

標茶の貴重な温泉観光施設
第3セクターの経営する、
「憩いの家かや沼・くしろ湿原パーク」の存続経営の件。

職員の不祥事があったりして、町長の出した新年度の予算、条例改正を議会が通さなかった。

2度目も通らず。

諸先輩方とともにグルメプロジェクトでも署名を集め、陳情書を提出し、意見も述べさせていただき、今回の定例議会で三たび議案として出されましたが、

賛成反対、6対6、議長裁量で否決。

反対の議員たちは、新たな経営計画が、確約できるのか!とか、血税を投入するわけにはいかないとか、つぶす話ばかり。

代替え案もなく、じゃあ、どおするのさ!

標茶の数少ない、貴重な観光施設だよ。

どうすれば売上UPになるのか、なんて考える頭もなく腹立つー!

釧路湿原の中にある唯一の温泉宿泊施設。

キャンプ場、シラルトロ湖。

快適に散策できる蝶の森。

湿原の動植物の立体標本も観られるシラルトロ自然情報館。

目の前を歩くタンチョウ。

日本で唯一タンチョウのくる駅、JR釧網線茅沼駅。

蛇行する釧路川に沿って歩ける遊歩道。

これでもかーってゆうくらい魅力いっぱいなのに、わかってんのか!

営業を止めて困る人、悲しむ人たちが、どれだけおると思ってんねん!

町を盛り上げるどころか、つぶしにかかる
自分の町の議会、議員の次元の低さに
がっかりした。

選んだのはあなたたちだよ、と言う人。

選んでないよ。

こんな人たちが多すぎるんや。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大木恵理
ポロニ養鶏場