今年度2回目のドナドナ

採卵鶏の養鶏場「ポロ二養鶏場」の一番の悩みは廃鶏の行き場です。

一年に3回出すうちの2回目をやっと出し終わりました。

年の瀬なので、年越しそばやお正月料理なんかのダシに使ってもらえたらいいなーと思いますが、なんせ自分で締めてもらわんとあかんから、寒くせわしない時期にはみなさん

なかなか都合がつかず貰い手探しも一苦労。

たまたま今回はある程度まとまった数を引き取ってくれる方がいてくださって助かりました。

また、ある友人は、しばらく飼って太らせてから(卵を産み続けている間は羽も抜けあまり太れない)締めて食べると言ってもらってくれました。ありがたいな

私達の住む地方には、車で2〜3時間のところまで行かないと鶏の処理場がなく、持ち込むのも大変です。

丸鶏にしてもらったり、肉に処理ができたら、欲しいと言ってくださる方はたくさんいてくれるんですけどね。

作ることはやれても、出口を探す(作る)ことの方が大変だなー。

ポロ二養鶏場 大木恵理